シミウスについて

シミウスVSシミトリー!どっちがいいか徹底比較しました!

シミウスとSimiTRY(シミトリー)は、両方とも美白(※)効果でかなり人気のオールインワンジェルです。

(※)メラニンの生成を抑えて、シミ・ソバカスを防ぐ

どちらもドラッグストアでは扱いがなく、ネットショップだけの取扱いとなっています。

それだけに、どちらも気になるけどどっちがいい?と悩んでいる人も。

結果的に、私はシミウスの美白(※)有効成分とエイジングケアに興味があってシミウスを選びました。

この記事では両者の成分、価格、口コミで、分かりやすく比較していきますので、参考にしてみてくださいね。

シミウスとシミトリーを成分で比較

シミウス シミトリー
美白(※)有効成分

(※)メラニンの生成を抑えて、シミ·ソバカスを防ぐ

プラセンタエキス
グリチルリチン酸ジカリウム
3種の天然発酵由来成分
 

ハイドロキノン誘導体
(アルブチン)
トラネキサム酸

 

保湿成分 ヒト型セラミド3種
コラーゲン
ヒアルロン酸3種
ビタミンA.C.E
5種の植物由来エキス(シコンエキス etc.)
天然由来の美肌保湿成分32種配合
2種類のビタミンC誘導体
フラバンジェノール
肌への刺激成分 エタノール
レチノール(少量)
ハイドロキノン誘導体
ビタミンC誘導体(定められた濃度)

この比較表の上から順に比較チェックしていきましょう。

シミウスのパワーアップした保湿成分にも注目です♪

シミウスとシミトリーの美白(※)有効成分を比較

(※)メラニンの生成を抑えて、シミ・ソバカスを防ぐ

シミウスとシミトリーの含まれてる美白(※)有効成分は、種類が違います。

まずは特徴や働きを確認してみましょう。

シミウスの美白(※)有効成分
(※)メラニンの生成を抑えて、シミ・ソバカスを防ぐ

  • プラセンタエキス
  • グリチルリチン酸ジカリウム
  • 3種の天然発酵由来成分

シミウスに含まれているプラセンタエキスは、メラニン色素をつくるチロシナーゼという酵素の活性を抑える働きがあり、予防に効果があります。

また、グリチルリチン酸ジカリウムは抗炎症作用があるため、シミの発生を抑える働きがあります。

さらに3種の天然発酵由来成分は以下のとおりで、直接的なメラニン合成抑制効果を持つものを研究して選抜したものだそうですよ。

  1. ササユリの花から分離された酵母のエキス:細胞内チロシナーゼ活性抑制効果
  2. デイリリー花発酵液:メラニン合成を活性化を抑える
  3. 蓮種子の乳酸菌発酵液:表皮細胞賦活効果

シミトリーの美白(※)有効成分
(※)メラニンの生成を抑えて、シミ・ソバカスを防ぐ

  • ハイドロキノン誘導体(アルブチン)
  • トラネキサム酸

シミトリーに含まれているハイドロキノン誘導体(アルブチン)も、主にシミ予防を目的としています。

「皮膚の漂白剤」と呼ばれるほどの強い美白効果を持つ、ハイドロキノンとは別の成分となります。

また、トラネキサム酸はメラニン発生の要因のひとつと考えられるメラノサイト活性化因子「プラスミン」をブロックし、シミの発生を抑えます。

シミウスもシミトリーも、メラニンの生成を抑え、シミ・ソバカスを防ぐ成分はしっかり含まれていますね。

さらに、シミウスに関しては、2021年10月に発売されたリニューアル品で、プラセンタを従来品の5倍に増量しています

シミウスとシミトリーの保湿成分を比較

シミウスとシミトリー、また他の薬用化粧品にも含まれている美白(※)有効成分は、肌を乾燥させてしまう傾向があります。

そのため、しっかりと保湿成分も入っています。

エイジングケアには保湿が何より大事ですので、しっかりチェックしましょう!

(※)メラニンの生成を抑えて、シミ・ソバカスを防ぐ

シミウスの保湿成分

  • ヒト型セラミド3種
  • コラーゲン
  • ヒアルロン酸3種
  • 5種の植物由来エキス(シコンエキス etc.)
  • 天然由来の美肌保湿成分32種配合

さらに、エイジングケアで有名なシコンエキスは、肌のターンオーバー(肌の新陳代謝)を整え、メラニンを排出させます。

江戸時代、有名な医師がやけどの治療にも使っていたというとおり、紫外線による肌のダメージを治す効果が認められているんですね。

シミトリーの保湿成分

  • フラバンジェノール
  • 2種類のビタミンC誘導体

シミトリーの注目すべき保湿成分、フラバンジェノールは松の樹皮から抽出する成分で、ポリフェノールを豊富に含み、女性の肌を若々しく保つ力を秘めています。

抗酸化作用があり、ビタミンCの600倍ものパワーがあると言われています。

シミウスもシミトリーも、しっかりと保湿成分が入っているので安心して使えそうです!

シミウスとシミトリーの刺激成分を比較

シミウスとシミトリーは、両方とも肌への刺激を抑える成分が入っています。

シミウスに含まれている刺激成分は少量のエタノールですが、シミウスにはヒト型セラミド、コラーゲン、ヒアルロン酸などの保湿成分もしっかりと入っています。

また、美白(※)有効成分でもあるグリチルリチン酸ジカリウムは、“肌あれ防止有効成分”としても承認を受けているんです。

(※)メラニンの生成を抑えて、シミ・ソバカスを防ぐ

シミトリーには、ハイドロキノン誘導体(アルブチン)が含まれています。

強い美白効果が期待される反面、肌への刺激が強いハイドロキノンと違い、ハイドロキノン誘導体(アルブチン)は肌への安心性も高く使いやすくなっています。

また、美白(※)有効成分でもあるトラネキサム酸には抗炎症作用があり、肌荒れを防いでくれるので安心ですね。

化粧品は、化学物質なくしては作れないものです。例えば“自然派”と謳って、防腐剤を配合しなかったりすると、成分が変化して逆に効果を成さないことになってしまいます。

テストを重ねて安全性を実証された成分を使用することが、本当の意味で肌に優しい化粧品になるのではないでしょうか。

シミウスとシミトリーの成分で比較したまとめ

シミウスもシミトリーも、成分、保湿効果、肌への優しさはどちらも同じくらい素晴らしく豊富でした!

マッサージジェルとしても使いたいかたは、ぜひシミウスをおすすめします。

シミウスでマッサージするとターンオーバーも促進されるし、肌もすごくしっとりとして肌のキメが整いますよ。

シミウスが気になる方は、公式サイト限定20%オフの申し込みがお得です!

使ってみて初めの30日間は肌に合わないと感じたら、全額返金対応も行ってくれるので安心ですよ。

20%オフ!シミウスの公式サイトはこちら

シミウスとシミトリーを価格で比較

シミウス シミトリー
定価 5,217円 5,478円
60g(30日分) 60g(30日分)
定期便初回
(送料無料)
4,174円 1,980円
定期便2回目以降
(送料無料)
4,174円 3,980円×2 (7,960円)
※2回目以降は60日ごとに2個ずつお届け
初回特典 ①初回限定 スペシャル特典セット
1.薬用ホワイトニングジェルEX
+
2.UV美容液(1か月分)
3.プレミアムマスクパック(3日分)
つき②2回目以降も毎回20%オフの4,174円
①初回 63%オフ価格の
1,980円②2回目以降も毎回27%オフの3,980円(60日ごとに2個ずつお届け)
返金保証 30日以内に連絡(商品到着後) 14日以内に連絡(商品到着後)

シミウスとシミトリーの定期便価格の比較では、ややシミトリーのほうが軍配があがりました。

シミトリーの場合は2回目から2ヶ月に一回の配送で2個ずつに変わります。

シミウスとシミトリーの定期便価格を比較

シミウスの定期便初回は20%オフの4,174円。

シミトリーの定期便初回は、63%オフの1,980円。

そして、2回目以降は27%オフの3,980円で購入できます。

半年(7か月)で、シミウスが29,218円で、シミトリーは25,860円という結果が出ました。

シミウスもシミトリーも量が同じ60gなので、シミトリーのほうが7か月間で3,358円お得感が出ますね。

シミウスとシミトリーの初回特典を比較

シミウスの初回特典は、薬用ホワイトニングジェルEX 4,174円の価格で、UV美容液(1か月分)(4,180円)とプレミアムマスクパック(3日分)(1,980円)がセットでついてきます。

ですので、初回だけですが4,180円と1,980円のものがタダでもらえることになりますね。

対してシミトリーは初回特典は、63%ものオフ価格です。

無料でもらえるお得感ならシミウス、割引を重視したいとなればシミトリーとなりますね。

シミウスとシミトリーの返金保証を比較

シミウスの返金保証は、商品が届いてから30日以内に連絡、シミトリーは14日以内に連絡する条件となっています。

どちらも、電話のみの受付、容器の返却も条件になっています。

シミウスのほうが、商品到着後の保証期間が2週間ほど長いことになりますね。

シミトリーは定期便初回価格が63%オフとなっているので、短めに設定しているのかもしれません。

いずれにしても、到着後は放置せずすぐに試用してみることが大事ですね。

シミウスとシミトリーの価格で比較したまとめ

シミウスとシミトリーの価格で比較した結果は、シミトリーのほうが少しお得という結果になりました。

ただ、シミトリーを試用してお肌に合わなかった場合の返金保証が、商品到着後14日以内なので、忙しいかたは注意が必要です。

対し、シミウスは商品到着後30日以内。

スキンケアの場合は1ヶ月は継続して様子を見たいので、お試しとしてならシミウスが良さそうですね。

 

20%オフ!シミウスの公式サイトはこちら

シミウスとシミトリーの比較まとめ!

シミウスとシミトリーを、成分・価格で比較してきました。結論として成分が特に違うことがよく分かったと思います。

シミウスとシミトリーは両方とも美白(※)効果のあるオールインワンですが、有効成分が違うことから、自分の肌により合っているほうを選ぶのが正解です。

(※)メラニンの生成を抑えて、シミ・ソバカスを防ぐ

シミウスの美白有効成分のプラセンタエキスはこれからできるシミ予防、高い保湿力のヒト型セラミドやヒアルロン酸が肌を潤します。さらに、5種の植物由来エキスが肌のターンオーバーを整えてくれるので、エイジングケアにも効果的。

マッサージしながら使うことでより効果が増し、肌にハリを与え引き締めてくれますよ。

シミトリーの美白有効成分のハイドロキノン誘導体も、これからできるシミ予防に効果があります。

注目の保湿成分のフラバンジェノールも、天然ポリフェノールで年齢肌のダメージにパワーを発揮し、透明感でハリのある肌に導きます。

シミウスもシミトリーも、決められた量を、一定期間をきちんと使い続けることで効果を感じられることは同じですね。

私は、シミウスのしっかりとした肌馴染みのよいテクスチャーで毎日マッサージするのが、心地良いです。

少しづつ綺麗になっていくイメージがして楽しいんですよね。

シミウスの高い保湿力と、エイジングケアの効果にとても満足して使い続けています!

 

20%オフ!シミウスの公式サイトはこちら